うつ病には家族の理解と支えが必要です

止まれのサイン

うつ病は、いろいろな物を抱え込んでゆく心にストップをかける、そういう病気だと言われています。止まれのサインの前に立つようにして、この病気とは付き合っていく必要があるのです。

詳しくはこちら

社会とうつ

「うつ病はストレス社会が原因」とはよく言われることなので知っている人も多いでしょう。今、そんな社会の様相を変えるべく、人々の心に負担をかけ過ぎないようにする取り組みが、いくつか行われています。

詳しくはこちら

うつの予兆

うつ病は、予兆をしっかりと感じ取って、然るべきクリニックに行く必要があります。意味不明な体調不良や頭痛などを感じたらクリニックへ。早めに治療を始めれば、それだけ回復までの時間は短くてすみます。

詳しくはこちら

うつは甘くない

心療内科クリニックなどで治療することが出来るうつ病。しかし、その存在は人生に長く尾を引くことがあります。そういった意味で、甘くない病気です。しっかりとした治療をして、心をたて直す必要があるのです。

» 詳しくはこちら

相談すること

うつ病に対する世間の目というものがありますが、大事なのはそれを気にしないこと。誰かに相談することで道は開けますし、クリニックなど、話を聞いてくれる場所は必ずあります。しっかり対応していきましょう。

» 詳しくはこちら

ストレスの果て

うつ病の知識を深めたい方はコチラをぜひご覧ください。|うつ病サプリ

最近身体がだるかったり感情の起伏が激しいなと感じたらうつ病のチェックを受けてみましょう。原因を理解して治療すれば治りも早いです。

ストレスを溜めない生活

皆さんはうつ病といった病気をご存知でしょうか。うつ病の原因は様々に考えられていますが、心的な要因によって引き起こされる場合が多々あると言われています。子供ほどなり難いということからも分かるように、大人は何かしらの精神的ストレスに悩まされているのです。仕事の悩み、人間関係の悩み、金銭的な悩み、家庭の悩みなど大人の抱える悩みは多く、その重さに耐えられなくなってしまうとうつ病などの病気になってしまうことがあるのです。生きていくということは簡単なようで難しいことであると構えることも必要です。 ストレスを抱えない環境を自ら作り出したり、整えることで心の病気を予防することも出来る可能性があります。自分の好きなことをしている人もうつ病になり難い傾向があり、そのためにも日頃から目標や目的を持つことの重要性を認識することを心がけるだけでも随分違うはずです。

学歴だけが人生ではない

自身が持てない人は多くいます。抱え込んでしまう人、物事が長続きしない人、あきらめてしまう人など否定的に考えてしまうのは良いこととは言えません。失敗しても失敗してもめげないという人は、なぜ前向きなのでしょうか。性格による考え方の傾向も分析出来ると思いますが、精神力というものが多くの人にとって養えない時代と言えるでしょう。自分に対する甘さや弱さを認めることが出来ない若者も多くいます。こうした背景には、人を育てるはずの教育がいつしか、文面的な知識だけを育てる学歴社会になってしまったということが言えます。 現在ではうつ病における様々な治療法がありますが、その方法についてはインターネットを利用することで多くの情報を得ることが出来るでしょう。ちなみにうつ病は健康保険が適応されますので病院の窓口では3割負担の料金となります。

うつ病を契機とした精神性発汗

うつ病が契機となり対人恐怖を招くケースがあります。例えば、うつ病が自律神経の働きを損ない、身体の汗腺機能が後退し、汗の調節ができなくなることがあります。そうなれば、不必要に汗をかいたり、必要なときに全く汗をかかなかったりという現象が起こります。そして本人にとっては、それが悩みとなるケースがあるのです。人と一緒にいて汗をかくというのは気持ちいい現象ではないため、脂の混ざった濃い汗をかくようになります。そしてそれが相手になんらかの形で伝わってしまったり、指摘されるようなことがあれば、気になる人はどんどん悪循環に陥っていくことでしょう。しかもそのような現象は、表に見えるものではないため、医者に相談しても解決しないばかりか、当人は現象的な側面を自分の目でしっかりと科学的に把握しておく必要があり、そのような高度なプロセスを経なければ正しい治療へと至らないケースが多々あるのです。

自分一人で悩まずに、科学的アプローチを

上記の対策としては、ひとりで悩まないということです。うつ病もそうですが、それはひとりで悩む人が多いという難点があります。しかしそれでは物事は解決に向かいません。なぜなら自分のもの、しかもそれが目に見えないものとなると、客観的な目を自分が持ちえているとは考えにくいからです。自分は主観になってしまっていると考えた方が良いでしょう。そういう時にこそ、科学的な客観性に基づくアプローチが必要なのです。 もちろん科学は万能ではありませんが、可と不可の区別を明確にして、なにをするべきかを必要に応じて取捨選択するという点において、科学的アプローチそのものが、目に見えない病と向き合う際には非常に有効な手段となりえるからです。 これが場当たり的な処置になると、うつ病、精神性発汗など目に見えないものに、根拠がないアプローチで向き合うことになり、それでは混迷を深めるだけなのです。

飛び火するうつ病

うつ病を発症した後にしっかりと治療を行わなければ、だんだんと他の病気へと飛び火していく可能性が高いのです。うつ病から連鎖する可能性が高い病気はパニック障害、そして自律神経失調症です。これら2つは本当に掛かる人が多く、同時に発症するとうつ病の辛さを跳ね上がらせてしまいます。うつ病にかかっている間は脳内のホルモン分泌がおかしくなり、ストレス指数が常に高くなっているせいで免疫力が下がっていますから特に体調不良ではない状態だと自分で感じていたとしても、実は病気にかかりやすい状態にあるのです。他の病気に飛び火してしまう前に、うつ病は専門家にかかって治療するようにして下さい。

うつ病は一種類ではありません。うつ病の種類やそれぞれの症状を理解しておくことが大切ですよ。傾向と症状をココで理解しましょう。

Page Top