止まれのサイン

うつ病とは信号機で言うと赤色の状態

皆さんはインターネットで調べものをする時、どんな言葉を入力し検索しているでしょうか。例えば「うつ病の治療」についての情報を知りたい場合、「うつ病」「治療」という二つの言葉を入力することによって多くの情報を手に入れることが出来ます。「うつ病」「治療」「料金」という三つ目のキーワードを入れれば、二つの単語の検索より、より目的を絞った検索結果が表示されるでしょう。 うつ病の豆知識をインターネットで調べたところ、こんなことが分かりました。うつ病は信号機に例えると赤信号の状態だそうです。仕事を休んで、疲れたこころに休暇を与えなさいといった身体からのメッセージとして受け取るなら、無理に頑張ったりすることは全く意味をなさないというとても分かり易い例えです。こんな話を聞くだけでもホッとすることが出来るなら言葉も病気を治す薬と言えるはずです。

こころを見つめるのも人生においての勉強

地球上でも環境が整った場所や生命が生きることが出来ない苛酷な場所などあらゆる条件があり、常に良い状態を保つことは出来ません。病気の人もいれば、元気な人もいます。個人においても良い時期と悪い時期があり、良い状態や最高の環境といったものは常にある訳ではないのです。 病気になってしまうということは当然で、病気になった時は治療するのも当たり前です。うつ病により何も出来なくなったと考えるのではなく、考え過ぎても治らないから心を休めて下さいねといった意味で解釈すれば良いのです。病気によるメリットとは、こころを見つめる時間、自分を振り返り考える時間、この先たどり着くであろう場所への休憩ポイントとして考えれば良いのです。

問題解決の技術を学ぶ

うつ病の治療方法に確実なものはありません。治療に最適な方法というのはその人によって違うのです。だからこそ、うつ病にかかればプロからの意見を取り入れたり、自分自身と向き合う時間を増やしたりする必要があります。うつ病の改善方法で最も効果的なのは原因から離れることと、ゆっくりとした時間を過ごしてストレスやプレッシャーというものと関わらないということが大切です。必要ならば抗鬱剤や抗不安薬を利用することも効果的です。

Page Top