相談すること

うつ病へのレッテル貼り

海外に比べて日本ではうつ病等に関する理解度が低く、精神的な病気にかかったことがあるというだけで就職が難しくなったり、周囲の人間から白い目で見られてしまうこともあります。子供の場合は大人や自分自身の親から世間体のために病気を認めてもらえないこともあります。現在日本では年々若いうつ病患者が増加しているために、徐々にではありますが鬱という病気への理解は広まってきています。しかし、それでもまだまだ完璧とはいえない状態でありサポート体制もままならない形です。うつ病は難しい病気ではありますが、治療することが可能なのです。ですからもっと病気に関する理解を1人1人が深める必要があります。

受け入れることも大切

かかったことがある人でなければ中々うつ病に関する理解は広まらないことも理解できますし、鬱とは無関係だった人がうつ病にかかってしまった場合には、自分の病気を受け入れられずに症状を悪化させてしまうこともあります。うつ病は1度かかってしまえば治らないような病気でもありませんし、かかったことで日常生活に一生戻れないような恐ろしい病気でもありません。鬱の症状を受け入れ、病気にかかっている間に自分の人生や生活に関することを見直していけば自然と解決方法が見えてくるようになります。心療内科の先生やカウンセラーなどの専門家へ相談し、自分のこれからや症状について話をきくことで精神的に楽になれることもあります。

Page Top