うつは甘くない

うつ病を甘く見てはいけない

うつ病はどんな人にでも発症する可能性があります。原因が明確な場合はそれから離れる、原因を消すことによって自然とうつ病の症状が軽減されるようになります。しかし、本人についてしまった傷が深い、周囲の環境がうつ病改善のために整っていなければ治療まで長期間を必要とすることもあります。また。うつ病はゆっくりと長い目で治療していく必要があるために、本人も周囲も些細な変化に気づけなくなってしまうことがあります。最近元気にしているな、うつ病の症状が第分とよくなったようだと思っていた矢先に自殺してしまう人も多いのです。鬱は治りかけが最も危険といわれているように、鬱へ落ちているときではなく通常と鬱の境目をいったりきたりする機関が最も情緒不安定であり危険性が高いのです。

症状が治っても終らない病

うつ病は風邪のように熱が下がれば完治という簡単なものではありません。治療によってうつ病の症状がおさまったとしても、ひょんなことがきっかけとなって再度病気を発症してしまう人も多いのです。10年間音沙汰が無かったのに突然うつ病を再発してしまうような人だっているのです。病気を治療する、鬱にならないようにするというよりも肩の力を抜く方法を知ることが大切です。また、必要以上に我慢しないということも大切になってきます。真面目な人ほどうつ病にかかりやすいというように、完璧に全てをこなそうとして自分を追いつめないように性格や意識を変化させ、ゆるく生きることを心がけていなければ何度だってうつ病は再発してしまいます。

Page Top