社会とうつ

負担を軽減するために

うつ病になってしまうと、その後苦労してしまうことが多いです。ただでさえ辛い状況だから発症する病気なのに、治療として薬を服用することにより更にストレスがかかってしまうことがあります。なので、まずはうつ病にならないことが大事です。小さな異変に気づくことで、早期発見が可能となります。 うつ病の初期症状は、大変小さなものです。自分では気づかないことも珍しいことではありません。むしろ、気づけた場合は運が非常に良いといえます。 では、早期発見をするにはどうすれば良いのかというと、周囲の人もなるべく異変に気づくことが大切です。本当にちょっとしたことで良いです。例えばため息が多くなっただとか、疲れているようすをよく見るようになったなどで良いです。

取り組みを強化している

うつ病の取り組みとして、社会復帰の支援が活発的におこなわれています。 うつ病を患う理由として、会社でのトラブルは非常に多いです。トラウマなどで、会社へ行けなくなってしまうケースはあります。また、学校も同じです。学校での人間関係などが原因でうつ病を発症してしまい、不登校になってしまう事例が増加しています。 しかし、うつ病は正しい治療をすることで治る病気です。治療は医者と患者がしっかり向き合うことによって完治は可能となります。なので、お互いうつ病に立ち向かうことが必要となってきます。また、日本は現在、治った後の社会復帰に関する支援も取り組んでいます。会社だったら雇用の解除をしない、学校だったら支援学級を設けるなどの取り組みをしています。

Page Top